FC2ブログ
サスケくん、頑張りました!2008年1月26日、虹の橋へ旅立ちました。みかんは2015年4月25日、突然お星さまになってしまいました。
行ってきた♪
2012年09月13日 (木) | 編集 |
予定通り、都内に用事があったので、
帰りに上野へ寄り、東京都美術館で開催中の、
マウリッツハイス美術館展を観て来ました。
平日だけど、60分待ち。
中も人、人!
こりゃ、凄いわ・・。
みなさん、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」に、
会いたくて、観に来てるのよね?
土曜日に観た、ベルリン美術館展よりも、こっちの方が私は、見応えがあった!!
絵画の展示だったし、レンブラントもルーベンスも展示されていたし。
ベルリン・・の方は、彫刻が多かったのよねぇ・・・。



20120913ueno2.jpg



もちろん、本物は写せないので、会場の外にあった、
「武井 咲」さんが着たと言う衣装を撮りました。
忠実に、再現されたお洋服だそうです。


首の辺りが、着物の衿みたいだなぁと思ったら。



20120913ueno3.jpg



正面は、こんな感じでした。

青のターバンがまた、素敵な色合いで。
別名、「青いターバンの少女」と、呼ばれるそうです。
何と、顔料はラピスラズリなんですって!

実際の絵は、やはり小さくて、あっちこっちに移動して、
人ごみの中、頑張って観て来ました!
とても、青のターバンが鮮やかで・・・。

横向きの顔といい、ちょっと開いた口元といい、
真珠の輝きといい、とても、魅力的な絵だったなぁ・・。


でもね・・・。
私は、レンブラントの「シメオンの賛歌」に、釘づけになりました・・・。
興味のある方は、検索してみてね。

聖書の一場面を描いた作品なのですが、教会の薄暗い内部を映す、光と影。
厳粛な気持ちになった作品だったなぁ。


マウリッツハイス美術館って、写真で見ると、
さほど、大きな美術館って言う感じはしません。
でも、中身の濃い美術館なのね。
ヨーロッパに行くと、美術館巡りが楽しかったりしますが、
観ているウチに、どれもこれも、みんな同じに見えてきちゃうんだよなぁ(苦笑)
そこは、ほれ、やっぱり観てる人間が、イマイチだしねぇ・・・^^;

でも、でも!
やっぱり、こんな素晴らしい絵画は、
是非、現地で見てみたい!と、強く、思った日でした。



オマケ。



20120913ueno.jpg



この辺りからも、スカイツリーが見えるようになったのね~(^_-)-☆
(携帯から撮ったので、小さいけどわかるよね?)






スポンサーサイト