サスケくん、頑張りました!2008年1月26日、虹の橋へ旅立ちました。みかんは2015年4月25日、突然お星さまになってしまいました。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきた♪
2012年09月13日 (木) | 編集 |
予定通り、都内に用事があったので、
帰りに上野へ寄り、東京都美術館で開催中の、
マウリッツハイス美術館展を観て来ました。
平日だけど、60分待ち。
中も人、人!
こりゃ、凄いわ・・。
みなさん、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」に、
会いたくて、観に来てるのよね?
土曜日に観た、ベルリン美術館展よりも、こっちの方が私は、見応えがあった!!
絵画の展示だったし、レンブラントもルーベンスも展示されていたし。
ベルリン・・の方は、彫刻が多かったのよねぇ・・・。



20120913ueno2.jpg



もちろん、本物は写せないので、会場の外にあった、
「武井 咲」さんが着たと言う衣装を撮りました。
忠実に、再現されたお洋服だそうです。


首の辺りが、着物の衿みたいだなぁと思ったら。



20120913ueno3.jpg



正面は、こんな感じでした。

青のターバンがまた、素敵な色合いで。
別名、「青いターバンの少女」と、呼ばれるそうです。
何と、顔料はラピスラズリなんですって!

実際の絵は、やはり小さくて、あっちこっちに移動して、
人ごみの中、頑張って観て来ました!
とても、青のターバンが鮮やかで・・・。

横向きの顔といい、ちょっと開いた口元といい、
真珠の輝きといい、とても、魅力的な絵だったなぁ・・。


でもね・・・。
私は、レンブラントの「シメオンの賛歌」に、釘づけになりました・・・。
興味のある方は、検索してみてね。

聖書の一場面を描いた作品なのですが、教会の薄暗い内部を映す、光と影。
厳粛な気持ちになった作品だったなぁ。


マウリッツハイス美術館って、写真で見ると、
さほど、大きな美術館って言う感じはしません。
でも、中身の濃い美術館なのね。
ヨーロッパに行くと、美術館巡りが楽しかったりしますが、
観ているウチに、どれもこれも、みんな同じに見えてきちゃうんだよなぁ(苦笑)
そこは、ほれ、やっぱり観てる人間が、イマイチだしねぇ・・・^^;

でも、でも!
やっぱり、こんな素晴らしい絵画は、
是非、現地で見てみたい!と、強く、思った日でした。



オマケ。



20120913ueno.jpg



この辺りからも、スカイツリーが見えるようになったのね~(^_-)-☆
(携帯から撮ったので、小さいけどわかるよね?)





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんわぁ~(^O^)/

60分待ち・・凄い人気なんだね

静かに・・ゆっくり鑑賞・・って感じではなかったんですね

こんな風な洋服なんだね
なるほどぉ~~~マジマジ(^・ェ・)ジー…(^・ェ・)ジー…

検索かけましたよ(笑)

私も「シメオンの賛歌」の方が多分・・長く立ち止まるなぁ~
空いてたら・だけどね!
人でゆっくりできなかったんでしょう。。。

検索して・・暫く 眺めてたものv-343

学生時代を思い出した・・なぁ~

カトリックの学校に通ってたから・・
キリストの誕生とかの絵画とか・・
大好きなんだよねぇ~~v-341
ダヴィンチとは・・ちがう美しさだなぁ~

そういえばママさん♪行ってきたんだったよね!
海外の美術館

そうだ・・ね現地で ジィーーと眺めてみたいなぁ~~
夢のまた夢だけど・・ね

素敵な絵画を紹介してくれてありがとう~
レンブラントのファンになりそうだわぁ~~(*^^)v

スカイツリー わかるよぉ~~
ママさん♪東京に居るんだねぇ~~v-411v-411v-411

また、お邪魔します
いつもありがとうございます(*^^)v
2012/09/13(木) 19:02:50 | URL | 幸06201126 #-[ 編集]
まさにまさに芸術三昧
サスケのママさん。

良い1日でしたね。
平日で1時間待ちですか?
人気ですね。
ヨーロッパの美術館、たくさんあって確かにそう。
でも、いい物がたくさんあってハッピーになれます。

1番印象にあるのは、ウフィツイ美術館です。
教科書の絵が・・・って感じでめちゃ感動しました。

私の1番好きなのは、ルノアールの
「イレーヌカートン嬢」です。
横浜に来たときは、館林から2回も観に行きました。
2012/09/13(木) 23:16:33 | URL | ロビロビン #-[ 編集]
シメオンの賛歌、くぐってきました。
芸術とは無縁の私ですが、なんだか引き込まれる様な・・・
じっくり見ちゃいました。
まだまだ暑いけど、こうやって芸術鑑賞もいいかも〜♪

わぁわぁ、スカイツリー♪
富士山とスカイツリーは一度登ってみたいなぁ・・・。
2012/09/14(金) 15:11:48 | URL | 「はは」 #3RX1FR..[ 編集]
いいですね~
私も実物をみてみたいなぁ~
フェルメールの絵は本当に素晴らしいですよね。
影が綺麗ですものね。
もちろん、レンブラントもそうですよね。
この時代の絵は影が魅力ですよね。
絵画は心を穏やかに、そして元気にしてくれますね~
一日中、この中に居ていたいなぁ~
2012/09/15(土) 19:14:13 | URL | ムクムク #-[ 編集]
☆幸さんへ


大体、この展示自体、ゆっくり眺められる人って、
いなかったんじゃないかしらね?
幸さんって、カトリックの学校だったのですね!
函館と縁があったのかなぁ?
教会って、何となく落ち着くよね。
静謐さ。あの静謐さがいいなぁ・・。
シメオンの賛歌って、そんなに人が止まってなかったの。
だから、割とじーっと、眺めることが出来ました。
いい絵だったなぁ。

いつもありがとうね、幸さん!



☆ロビロビンさんへ


イタリア、フランス、ウィーン、ドイツ、ベルギー、オランダ、
イギリス。みんな、美術館がホント、豊か。
大英博物館も、ルーブルも、ウフィツイも。
仕舞にゃ、どれもみんな同じに見えてくるけれど、
それでもやっぱり、観てみたい!


☆「はは」さんへ


引き込まれそうでしょ!
すぅーと、絵の中に入れちゃいそうなそんな錯覚。
よかったなぁ~♪

富士山、登ってみたいですか!
わぁわぁ~。凄いなー。
私は、五合目で十分・・・^^;



☆ムクムクさんへ



現地で見るのがやっぱり、一番、その空気も、
感じれるし、いいですよ~。
フェルメールに限らず、絵画は見ていて、
癒しになりますもんね。
レンブラントは、影がありすぎてって、思ってましたが、
こうやって見ると、とても、素晴らしかったです。
2012/09/15(土) 21:55:15 | URL | サスケのママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。