サスケくん、頑張りました!2008年1月26日、虹の橋へ旅立ちました。みかんは2015年4月25日、突然お星さまになってしまいました。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
麗しのイタリア -2-
2014年06月26日 (木) | 編集 |
昨晩は、泣きっ面にハチでお風呂場の椅子を、
怪我してない右足の親指に落としてしまい、
爪がちょっと危ない感じになって、
オットに当たり散らしたワタシでございます( ゚Д゚)

気を取り直して、今日はローマ編続きと行きたいと思います!



20140626bachikan.jpg



厳かな気持ちになるシスティーナ礼拝堂入り口。
ここから、神様のおそばにいく気持ちになります。



20140626bachikan5.jpg



そして、サンピエトロ寺院内部。
もう、これぞ神様の領域って感じです。



20140626bachikan2.jpg
(ピエタ像)


20140626bachikan3.jpg
(奥がペトロの司教座)


20140626bachikan4.jpg
(クーポラ内部と天蓋)


20140626bachikan6.jpg
(バチカンの衛兵)


20140626bachikan7.jpg
(右から2番目だったか3番目だったか、
 今のローマ法王、フランシスコさまのお部屋。
 お部屋内部にも法皇さま専用の礼拝堂があるそうです)

ここまでが、イタリアの中にあるバチカン市国でした。
国境は意外と簡単!


そして、お次は・・・。



20140626ro-ma2.jpg



コロッセオ。

しかし。とてもいいお天気で上機嫌に写ってますが、
この日、ローマの気温は34℃!
湿度78%。

いやぁ、朝一のバチカン美術館辺りから、汗ばかりかいてましたが、
気温を見て納得!
こりゃ、熱中症になっちゃうと、本気で心配して水を飲む飲む・・・。
日本でもかいたことがないのでは?と、思うくらいの汗をかきました。
よく、みんな、熱中症にならなかったと、思います。



20140626ro-ma.jpg
(真実の口)


20140626ro-ma3.jpg



もう、レアものな修復に入ってすぐのトレビの泉!
オットは一応、コインを投げる。



20140626roma4.jpg



トレビの泉に来たら、ジェラードよね~♪
もちろん、食べました!



20140626roma7.jpg



オットが見たかった、スペイン階段。
今は、ここでの飲食はご法度。


ローマ市内観光はここで、一応終了。
ガイドさんともここで、お別れです。
しばし、フリータイムに入ります。

この時、午後3時半ぐらいだったか・・。
もう、暑くてヘロヘロだった私達。
昨晩着いたばかりで、時差ボケもあるし、
ローマは異常に暑いし、体力使い果たした感じで、
ガイドさんの説明も、もう聞こえてないくらい(苦笑)
よく倒れなかったよ・・・。

解散したらすぐ・・・。



20140626roma6.jpg



コンドッティ通りにある「カフェ・グレコ」へ飛び込む(苦笑)
以前にも訪れていて、目星はつけてあったのだ!



20140626roma5.jpg



とにかく、水分補給とクーラーの効いたお部屋に入りたかった。
ここで、彼是2時間近く、体を休めていただろうか。

レモンソーダを飲んだり、イタリアの人、コーヒーと共に、
お水を頼みます。それも、ガス入りね。
ワタシも、それに倣ってガス入りのお水を頼み、
がぶ飲みしたり、ちょっとお昼寝したり。
そうやって、ようやく生き返りましたーー!!

あんまり、水分取ってる姿を見たことのないオットも、
この時は、さすがに危険だと感じたのか、飲んでましたね。
この日、何本ペットボトルのお水をあけたでしょうか。

その後、コンドッティ通りを散歩したりして、
ツアーの人達との合流時間まで、
時間を過ごしました。
あっ、コンドッティ通りは、高級ブティックや有名ブランド店が、
立ち並ぶ、華やかなローマの雰囲気を楽しめる所ですよ~♪
ここは、ローマにやって来たら、外せない場所でしょう!!



20140626roma8.jpg



大気の状態が不安定で、雷が鳴ったり、
雷雨があったりとしたローマのお天気。
ちょっと怪しい雲の向こうに広がるローマの夕焼けです。


その後、カンツォーネディナーに向かいました。





スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック