サスケくん、頑張りました!2008年1月26日、虹の橋へ旅立ちました。みかんは2015年4月25日、突然お星さまになってしまいました。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
ワタシの覚書 part2
2014年09月27日 (土) | 編集 |
ここ10日間ほど、ずっと眼科通いをしていました。
ワタシの覚書なので、コメント欄は閉じておきますね。

そして、全くのワタシの独り言なので、
スルー大歓迎ですよー。




9月15日。何となく右目に違和感.。
おかしいな。と、思いながらもドライアイで通院していた時の
目薬を(角膜保護治療薬はもうなくなっていたので、オドメールのみ)
点していた。

火曜日。 16日。
この日は、ご存知の通り(苦笑)、勝沼へブドウ狩りに行った日です。
そして、朝起きた瞬間から、右目にフェードが掛かっているよう。
でも、午後からは目の違和感も消え、何だったのか?と、思ったものの、
やっぱり、あんよで通院が途絶えていた眼科もちゃんと、
行かなくちゃ。と、思っていたのでした。

翌日、水曜日。17日。
朝、起きたら目が充血してるし、フェードが掛かってるし、
やっぱり、おかしい・・・。
でも、この日はいつも行っている眼科は休診日。
仕方なく別の眼科へ行くと・・・。
結膜炎と言われ、抗生剤の目薬とオドメールを処方される。

木曜日。 18日。
あんまり、変化ないかなー。
でも、やっぱり、お昼頃になるとフェードが取れる。

金曜日。 19日。
よくもならず、悪くもならず。
でも、カーブス行くし、掛かりつけの眼科で診て貰おう。
結果は、いつもの通り、結膜炎でなく、ドライアイと言われる。
フェード掛かった感じは、ドライアイの特徴でもあるそうで。
午後になるとスッキリするのは、瞬きの回数が増えて、
目が潤ってくるからだと言われる。
この日の眼圧は、20以下が正常値だけれど、23だった。
ちょっと、高めだから一週間後にまた、来るようにと、言われる。
眼圧ねー。17日も計ったけれど何も言われなかったから、
正常値だったんだろうな・・。
ちょっと、嫌な気持ちになる。

土曜日。 20日。
やっぱり、フェード掛かっているけれど、少しよくなったような。
もう、この頃は朝起きた瞬間からぼやけているので、
あぁ、やっぱりね。みたいな感じになる。
でも、数時間するとスッキリとしてくるので、カーブスにも行っちゃったし。


日曜日。 21日。
う~ん。なんか変。
段々、午後のスッキリ感がなくなってくる。

月曜日。 22日。
おかしい。おかしい。

火曜日。 23日。
この日が祝日でなかったら、病院へ行っていたと思う。
もう、眼の奥は痛いし、右目は充血が激しい。
目を開けているのが辛かった。
それに、この日はちょっと歩くのが怖かった。
休日診療の眼科を探そうかと真剣に思った。
が、我慢した・・・。

水曜日。 24日。
病院は休診日。
もう、翌日は、必ず行こう!と、硬く誓った。
オットにも、連れて行って欲しいと頼む。

木曜日。 25日。
午後一番で診て貰う。
(ここは、予約診療なので、予約していないとなかなか難しい)

院長先生の診療日だったのだが・・・。
まず、眼圧が計れない。と言うより、
高過ぎて、何度やってもOKが出ない。
仕舞にゃ、飽きちゃってもう、いい加減にしてよーと、なる^^;
院長先生が計ってもダメ。

何となく、この日はワタシも危機感を持ってました。
送って貰ったオットに待ってて貰えないか?と、
聞いたのですが、迎えにくるからと言われオットは帰宅しました。

診療室で先生が、「大きな病院を紹介するので、まず、眼圧を下げる薬を、
点滴して貰いますので、すぐに行って下さい!」と、言われる!
えっ?点滴?思わず、眼に点滴するのかと思っちゃったけど、
「腕ですよね?」と、バカなことを先生に聞いてしまった(苦笑)

それから、大慌て。
とにかく、眼圧を下げないと・・と、言われ、すぐに行くように言われ、
病院を探して、紹介状を書いて貰っている間に、オットに電話をして、
すぐに呼び戻す。

紹介先は、「国立病院機構横浜医療センター。」
やっぱりな・・・。
何となく、この数日間のざわざわした違和感は、当たっていたんだ・・・。

迎えに来たオットと病院へ向かう。
外来受付へ着くと、もうちゃんと連絡が行っていて、
初診の手続きをして、眼科へ向かう。
ここでも、一通りの診療を受けて、
やっぱり、眼圧が高いので点滴を受けることになる。

この日は、もういきなりこんなことになり、
かなり、ストレス溜まりました・・・。
終わった後も、右腕から首に掛けて凄い痛みがあり、
血圧図ると、な、何と上が205!下が113!
驚いたー(@_@)
先生にも、休んでいきましょうと、言われ、
人生初の血圧下げる薬を飲んで、またベッドに横になる。
その間、オットは何をしていたのかと思えば、
お昼寝をしていたらしい・・・。

いきなり、ウチにも帰れずに病院へきてしまって、
猫は、どうしているのか。
真っ暗なウチの中で、お腹空かしてないか。
それに、一旦止んだ雨も、また降ってるしー。
早く帰らなきゃ!と、焦る。

30分ぐらいして、凄く喉が渇いたので、
オットにお茶を買って来てもらい、飲む。
そこで、もう一度血圧を測るとまぁまぁ、
落ち着いたので、帰宅を許される。

最後にもう一度、眼圧を図ると、
50あった眼圧が23まで下がった!
飲み薬の処方を受け、いつも行っている眼科への、
お返事を受け取り、帰り道、点眼と飲み薬の処方を受け取り、
夜の7時半頃、帰宅。

あ~。凄い疲れたんですけど!!
でも、薬飲むし、ご飯食べなきゃ・・・。
ウチの前のファミレスでご飯食べました・・・。

金曜日。 26日。
この日も朝一で病院。
(掛かりつけね)
眼圧を図ると、19まで下がってるー!!
う、嬉しい・・。なんか命拾いした気分だ。
一通りの検査を受け、土曜日も来るように言われる。

そして、今日、土曜日。 27日。
やっぱり、朝一で病院。
眼圧は、17まで下がりました。

ワタシは、結構臆病なので、先に病名や症状などの検索は、
ネットではあまりしません。
猫に関しては調べるんだけれどね。
なので、何となくそうなのかな?的な気持ちぐらいしかないのですが、
今日は、先生に「緑内障ですか?」と聞くと。
「そうです。」と、言われる。
危険な緑内障は、ジワジワ型。
ワタシは、急性らしい。急に何の前触れもなく眼圧が上がる。
○○台の女性に多いらしい^^;
また、急に眼圧が上がることも十分考えられるので、
明日の日曜日も、何かあったら休日診療を受けるように言われる。
危機感、まだ持ってないといけないんだねー。

そして、月曜日もまた、診療です。
来週一杯ぐらいは、毎日行くようになるのかな・・・。
カーブスも、まだ、行かない方がいいみたいです・・・。


ただ、眼圧は下がったけれど、
視野の欠損があるみたいです。
これって、時間が掛かるかもしくは、
このまんま。って感じになるのかな・・・。
先生は、ちょっと時間が掛かりますよと、仰るけれど・・・。


もう、胃腸炎のあと、何も起こらないようにと、祈っていたのに、
こんな事が起こってしまった・・。
あぁ、ついてないなー。と、真剣に思う・・・。




スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック