サスケくん、頑張りました!2008年1月26日、虹の橋へ旅立ちました。みかんは2015年4月25日、突然お星さまになってしまいました。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
久々 札幌-3-
2016年06月19日 (日) | 編集 |
何だか、真夏の暑さが急にやってきた湘南地方。
身体に堪えるわ~(~_~;)

涼しい札幌を思って続きを書きます!



帰宅前日は、好きな物をたらふく食べること!

でも、遠出をするには、まだお花もさほど咲いているようでも
ないし・・。と、ここはいつも迷うと行く「ゆにガーデン」を目指す。

ゆにガーデンへ向かう前には、ここで一服するのが、
楽しみでした。



20160609アイス



長沼にある「あいすの家」
普通にミルク味なんだけど、違うんだよねぇ・・・。
北海道のミルクアイスは、コクが違う。
美味しいアイスを食べたなーって思う。



20160609satobiyori.jpg



お昼にはまだだったけれど、早めに食べようと言うことで、
これも、よく行った「里日和」
お庭が綺麗に手入れされて、お庭らしくなってました。



20160609satobiyori2.jpg


20160609satobiyori3.jpg


20160609satobiyori4.jpg



お野菜プレート
オットはラムのひき肉入りハンバーグ。
ワタシは、ひき肉入りキーマカレー。

田園のど真ん中にあり、周辺に商業施設、銀行などは、
全くない所なので、大きな紙幣はお断りなお店。
そうだったよねー。って、思い出しちゃった!
うっかり、五千円を出しそうになって、お店の人に言われて、
ハッとしましたよ^^;



そして、 「ゆにガーデン」で、ゆったりとガーデンを歩く。



20160619yuni.jpg


20160609yuni2.jpg


20160609yuni.jpg



やっぱりお花はこれから。なのですが、
この広々とした大地を眺める度に、「あぁ、北海道に来たんだー」って、
思えるのです。
空気の匂いからして違うんだから~!


ゆにガーデンへ行ったなら、帰りには、
「ユンニの湯」へ寄らねば!

コーヒー色をしてちょっとヌルっとしたお湯は、
露天風呂が気持ちいい温泉です。
綺麗な芝生を眺め、木を眺め。
目にも優しい風景。
ゆったりとお湯につかった気がしました。


札幌へ戻ると夕方です。
この日の夕食は、最後の夜なので、
食べたかった「カニ」を食べるべく、色々と探したのですが、
お値段があんまりにも高くて・・・(苦笑)
カニのコースになるとお高いので、
一品料理として食べられたら・・と、言うことで、
これもよく行ったお店。
「炙りや」で、頂きました。
あったんですよ!毛ガニが!
もちろん、頂きました!海水ウニも!
あぁ、幸せだったなぁ・・・(*^▽^*)

なお、写真はありませんΣ(゚Д゚)



そして、帰宅する日。
今日も思い残しのないように、
食べよう!と、オットの意見を無視(笑)し、



20160609sapporo4.jpg



朝からスイーツ食べちゃった♪
石屋製菓って大通りにカフェを作ったんですね。
いつ出来たのかはわからないけれど、通りを挟んで隣には、
「きのとや」などが入る大通りビッセがあって、
ここは、どっちに行こうか迷う所だなぁ・・・。

着いた翌日の朝食は確か、美味しいベーカリーを見つけて、
そこで食べて、翌日は、「きのとや」のモーニングだったので、
この日は、石屋製菓にする。
オットはもちろん、モーニング。
ワタシは、「白いロールケーキ」を食べちゃったもんね~♪
あ~、美味かった。
何だか、凄く美味しく感じちゃって、
ワタシ、どんだけスイーツに飢えてたのか?って思っちゃう^^;


ホテルへ戻り、札幌本店として出来たばかりと言う、
「六花亭」を見に行く。



20160609sapporo2.jpg


20160609sapporo.jpg



街中なのに、こんなにひっそりとしたお庭がありました・・・。
もう、これだけで癒されちゃう・・・。

ぶらぶら歩いて、ハマナスを撮り。



20160609hanamasu.jpg



空港へ向かう前に、お昼を今度こそ!と、
意気込んで、いつも食べ損ねていた、
札幌場外市場にある、 「あらとん」へ。
ここはつけ麺が有名ですが、ワタシは普通に醤油ラーメン。
これも、写真ナシですが、ここのラーメンは大好きで、
元自宅からも近かったのでよく行ったものでした。
こちらへ戻ってから、何かにつけて思い出すのが、
この「あらとん」でした。
スープがねぇ・・・。美味しいのよねぇ・・。
市場そばだけあって、魚介系のスープなんですよ。

あぁ、これで思い残すことなく、帰宅できる~~(^◇^)


さっ、いざ、空港へ!!
と、その前にレンタカー返さなきゃ



20160609hamasushi.jpg



あらとんを出ると、あらま、札幌に、
「はま寿司」が!
こちらじゃ、よく行きますが札幌にいたら、
行ったかなー。そうそう。「スシロー」も一店舗だけですが、
ありましたね。
回転ずし激戦区の札幌で、頑張ってね、
「はま寿司」に「スシロー」!



空港に着くと、あんなに食べたのに、
最後だと言って、ソフトクリームを食べ、
ロイズの空港店では、チョコレートを使ったパンを見つけ。



20160609roizu2.jpg


20160609roizu.jpg



一度だけ、食べた記憶のある、パンに板チョコを挟んだ、
このインパクトあるパンを翌日の朝食用に買い、
ようやく、飛行機に乗りました・・・・(笑)



何と言うか・・・。
食い意地のはった札幌ツアーでしたねぇ・・・。
だって、この数年間、夢にまでみた札幌食にスイーツだったんだもん!!



今回もお付き合いありがとうございました。








スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
その土地のおいしいものを食べる!これが一番ですよね〜。
お天気が微妙だったので心配していましたが、札幌の旅を満喫していただけてよかったです♪
また来年、3にゃんでお待ちしておりますよ〜。
2016/06/20(月) 10:28:08 | URL | はは #-[ 編集]
色々見てどれも美味しそうで・・・
芝生はどーーんっと綺麗でやっぱ北海道はでっかいどう・・・
って思ってたら最後の板チョコ挟んだパン!
あれがもうすごい印象的だわ!!
すごいねすごいね(≧∇≦)
カニにウニ、ソフトに石屋製菓にお肉にってホント盛りだくさん!
私もし北海道行くなら冬に行ってみたいんだよね~
本場の雪国ってのを見てみたい(〃∇〃)
一歩も歩けないかもしれないけどね。
北海道に比べればへなちょこなここの雪でも
降ると滑って転がってどうなってんだか分からない状態になるから(笑)
でも夏の札幌の焼きとうもろこしも・・・( ̄¬ ̄)
食い意地ばっかりだ・・・わたし(笑)
2016/06/20(月) 22:22:11 | URL | そら #-[ 編集]
ま~どれもこれもおいしそうでお腹がグ~っと鳴りました(*^▽^*)
カニ、うに、スイーツ好きな物ばっかりなんですもの~
北海道はでっかいどうっていうくらい敷地が広いところが多いですよね
以前、帯広のわんこOKのペンションに連れて行ってもらったことがあるんですけど庭の広さに驚きました
庭?って感じじゃないんですもん
私なら端までは歩けない・・・遠くて
パンに板チョコってすごいですね~(*^。^*)
楽しい旅レポありがとうございました(^^♪
2016/06/21(火) 14:39:01 | URL | もものまま #J9NoFIoU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/23(木) 14:17:59 | | #[ 編集]
☆ははさんへ



札幌は美味しいもの満載で、道内で全て
まかなえるって言うのも魅力です。
北海道そのものがもう、美味しいんです~^^;

来年も、みんにゃに会いに行きます。
どの子もみんな可愛くて大好きです!



☆そらさんへ


冬の北海道に来たら、驚くよ。
それこそ、ホテルから一歩も出られなかもよ~^^;
なんて、脅かしたけど、その前に、
普通によい季節にいらして下さいませ。
きっと、ご案内出来るチーム道産子もその方が、
案内しやすいよ♪
それに、美味しい物も満載だし~!



☆もものままさんへ


北海道は雄大です。
あの景色を見るとすーっと心が軽くなります。
人間はちっぽけだなーって思います。
帯広はこれまた、どこも広い所ですよね。
北海道らしさが味わえるところだと思いますよ。

カニ、ウニ、スイーツ。
野菜も美味しいし、お花も綺麗。
パンだってとっても、美味しいですよ!
チョコを挟んだパンはかなーり、インパクトありますよね。
久々見た私も、一瞬ドキッとしました(笑)
2016/06/23(木) 21:05:07 | URL | サスケのママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック