サスケくん、頑張りました!2008年1月26日、虹の橋へ旅立ちました。みかんは2015年4月25日、突然お星さまになってしまいました。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
里の秋
2010年11月11日 (木) | 編集 |
紅葉も下に降りてきましたね
これからは、西の方で、美しい紅葉が見れるようになりますね。


先日の大内宿で、食べたあのねぎそば



20101111soba.jpg



おとんが向こうに写ってますが、あんな風にして、
おそばを、頂きます。
ねぎも、ちゃんとしなっているんですが、
真っ直ぐなねぎもあるのかなぁ?
食べ慣れれば、お箸を使わずねぎを薬味としながら、
食べる事が出来ますよ~。
お味は、おそば自体は田舎そば。
おつゆは、普通。やっぱり、インパクトは ねぎ!
テレビでは見て知っていましたが、
まさか、自分が食べられるとは・・・。
いやぁ、美味しい体験でしたよ~~



20101111oouchizyuku.jpg



そのねぎそばが頂ける、大内宿は、
上から見ると、こんなに綺麗に茅葺屋根のお家が並んでいます。



20101111oouchizyuku2.jpg



ここは、全てのお家に実際に人が暮らし、生活しています。



20101111hoshigaki.jpg



この縁側に干してある干し柿だって、実際に人が暮らしている、
お家の軒先に干されています。
皆さん、観光の為にこの、茅葺屋根のお家を手入れして、
自分たちもまた、住んで。
観光客の絶える時がない大内宿。
いつまでも、この姿を残していって欲しいですね~(^^♪


そして、この「芦ノ牧温泉」駅には、
あの猫の駅長さん、「ばす」ちゃんがいます。



20101111basu3.jpg



鄙びた温泉駅だけど、ばすちゃんを見るために、
観光客が沢山。



20101111basu.jpg



ばすちゃんのお家。
駅舎にあります。お家が二重になってます。
これなら、あったかいね♪



20101111basu2.jpg



お天気がよかったり、人が少ない時は、
きっと、ばすちゃんはここで、のんびりをしているんでしょう。

今度は、平日。それも、人の少ない時に、
ばすちゃんにお目に掛ってみたいものです。
大切にされているんだなぁと、思いましたよ






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
わぁ~・・・ねぎ!
ねぎでたべるんですか?面白いわぁ。
それで美味しかったんですね~

始めて!知らなかったです。

ばすちゃん、可愛いのですよね~♪
ばすちゃんには会えなかったのですか?
抱っこしてみたいですよね。
2010/11/12(金) 16:36:17 | URL | ムクムク #-[ 編集]
なにこのうどん?あ、蕎麦か。
このねぎで・・食べるってこと?すくって?
お箸じゃなくてねぎ~?
すごいね(笑)
所変われば蕎麦の食べ方も変わるのか!!
このねぎって辛くないの?
だって生だよねぇ。考えた人がすごいよ(笑)
ねぎの産地なのかしら。

それにしてもこの街並みっていいなぁ。
こういうの好き~♪
駅長に会えなかったのは残念だけど
気まぐれ駅長だからこそいいのかも♪
2010/11/12(金) 20:22:06 | URL | そら #-[ 編集]
☆ムクムクさんへ


ねぎが箸代わりなおソバです。
もちろん、普通にお箸もありますけどね。

ばすちゃん、きっと、人が沢山で、
きゃぁきゃぁ言われるのが窮屈で、
逃げちゃったんでしょうねー。
あぁ、次回はそっと、会ってみたいもんです。



☆そらさんへ


結構太いソバだよねー。
ほら、ねぎで食べるから細いと食べにくいんじゃない?
ねぎで、上手にすくうようにして、食べるんだよ♪
ねぎ、あんまり辛くなかったけど、苦手な人は、
ダメだろうねぇ。
ねぎ臭くなるだろうし~(苦笑)
ネギの産地・・?かなぁ~(笑)

こんな街並み、ホッとするよね。
日本の原風景って言うのかしら。
駅長さん、会えなくて残念!!
会いたかったなぁ~。
2010/11/14(日) 11:51:32 | URL | サスケのママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック